中学参観・・・からの

►2017/04/28 16:00 

中学初の参観に行ってきました。13時スタートって早い・・・。12時ちょいすぎに仕事終えて車中でパンほおばって、徒歩じゃ間に合わないから実父に車で送ってもらって。車OKだった小学校が懐かしい。

授業は担任の教科ということで数学を。まだまだ小学校の延長といった雰囲気だったな。いつから”中学生!”な感じになるんだろ。楽しみ。

といいながら、実はどんよりしていたわたし。

幼稚園からのママ友と話したら、その子の娘は部活に入ることにし、塾にも行き始めたと。部活に入らないことにしたわが娘、通信教育やってるから塾はイヤ、なわが娘。

ハイ、典型的な「よその子と比較してあせっちゃう親」のできあがり~。

単純に考えて、部活(運動部)で身体鍛えてる中、時間やりくりして塾へ通って勉強して。休日も数時間授業があるといってたから、土日となるとゲームかアニメかな娘とは、そりゃー経験値に差がでて当たり前。

ぶっちゃければ、よその子が部活してる時間、塾行ってる時間を我が子がだらだら遊んですごすのが不安なんだな。

部活に入らないのは、入りたいと思える部がないから。そこは仕方ない。学校側も、部活やるやらないは入試に響かないから、やるならずっと続けられるものを、やらないなら未加入届をだせばよいというスタンスなので。だったら、これまで通り、書道とエレクトーンは続けようねと話し、本人もやる気はある。自分は運動が極端に苦手だという自覚があるから、ならばほかのところで頑張ろうという意識もある。部活やらない時間に本を読んだら?と軽く言ったらその気になっていたけれど、これは私も意識して借りてきたり買ったりしなきゃだから、私もしっかりしなきゃいけないなぁ・・・。

そして勉強。彼女はまだ、自分がどのレベルにいるかわかっていない。中学はまだテストやっていないからね。どこの高校を狙うかみたいな話を友達としているようだけれど、実際自分がどこなら入れるのかもわかっていない。だから今までどおり家でゆるゆると通信教育でも大丈夫っしょ?くらいの気持ちなんだと思う。

初テストでどのくらいの点がとれるのか、それによって娘自身が塾に行きたいといいだせばそうするし、そこそこの点がとれてしまったら・・・うーん・・・そこはとりあえずテスト待ちになるのだろうか。問題は、思ったほどできてないのに塾行く気にもならなかった時だよねー(^^;。

友達の子より出来てほしいのかなわたし?と思ったけど、そりゃできるにこしたことないけど、大事なのはそこじゃない。大人になって人生楽しむためには、どうしても収入は必要なわけで。そのためには就職しなけりゃいけないし、就職するためには少なくとも高校卒業していたほうが間口は広がる。なにより、娘自身が夢物語と言えども目標としている職業につくには大学が必須だし、それもどこでもいいわけじゃなくて、ある程度おべんきょできないといけない(らしい)。

だから、よその子と比較するんじゃなく、あくまでも娘をみてなきゃいけないんだな。出来てないなと感じたら声をかけて。頑張ってるなと思ったらよく褒めて。よく、成長に応じて目を離すな手を離すな心を離すなっていうけれど、程度は変われどどれも離しちゃいけないんだと思った。

小さい頃のまま、人見知りで消極的で・・・と思っていたけれど、学校の先生とした何気ない会話で、私が思っている以上に娘が活躍していた事実を知ることもあった。彼女なりに頑張ってるし成長してるんだな。

学校からの帰り道、悶々としていてろくに会話もせず、荷物も重くて疲れてたし、やなおかーさんだったなーわたしってば。

さー!明日からGW♡整えてリフレッシュして楽しんで、たまに、たまーにならダラダラして。楽しくすごそ。


スポンサーサイト

未分類Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する